So-net無料ブログ作成
検索選択

福ちゃんがクレートを止めた日 [ワンコ]

我が家の大事な記念日

2年前の2015年7月21日、
福ちゃんが初めて私たちの寝室の彼のベッドで一夜を明かしました。
この日が来るまでに3年半の月日がかかりました。

我が家にとって、大事な記念日。

     FullSizeRender.jpg

2012年1月8日に家の子になって、
福ちゃんの居場所は1階の玄関横の廊下でした。
福島の被災地から動物病院で4か月を過ごして我が家へ。
家の中での生活が最初は受け入れられなくて、
人間の出す音、声、テレビの光、懐中電灯の光、人の手等々、
何もかもが怖かった福ちゃん。

福ちゃんが病院から持参したクレートが階段下に置かれ、
散歩とご飯の時間以外は一日の大半をそこで過ごしていました。
日中居間で過ごす時間が増えてからも、
日没が近づくと一人で階段を下り、クレートの中に戻り、
いくら呼んでも出てきませんでした。

2012年、13年、14年の暑い夏は、
サーキュレーターで冷風を階下に送り、何とか27、28℃になるように工夫。
冬は雪の日も暖房なしで頑張った福ちゃん。
元気だったから大丈夫だったんでしょうね。
一匹では可愛そうと、福ちゃんが寝付くまで添い寝をしてくれた夫も頑張りました。

そんな福ちゃんが2年前の今日、
添い寝をして眠ってしまった夫を放置して、
自分だけ2階の居間へ。
福ちゃんの心にどんな変化があったのかは不明。
この日を境に、階下のクレートに入って寝なくなった福ちゃん。

     1AF24E8E-209E-483F-BAE2-9A3A5AB76E28.JPG

すっかりお爺ちゃんになった福ちゃん。
居間に2つ、寝室に1つの計3つベッドを持っています。
気分でベッドを使い分け。
ちょこっとチッコがつくと汚れが気になるようで別のベッドに移動。
好きにさせてます。

子犬から家庭犬として育ったワンコだったら当たり前のベッドでの寝姿。
寝顔を初めて見るまでにも2年以上かかった我が家にとっては、
無防備な福ちゃんの寝顔を見るだけで幸せいっぱいです。

     IMG_8899.JPG

いつまでもこの幸せな時間が続くよう、
ゆっくりゆっくり時が流れて欲しい、そう願っています。


たね丸の太鼓 [オカメインコ]

やっと見つけました

世の中にはたくさんの芸達者なオカメインコさんがおりまして、
そんなインコさんたちの動画はとっても楽しい。

くちばしでの叩きが得意なインコさんの中で、
密かに脚光を浴びている太鼓。
叩く姿がみんな可愛い。

たね丸も叩きが大好き。
もしかしたらいけるかも、との淡い期待。
そして見つけた太鼓。
100円ですよ。

IMG_2228.JPG

もう直ぐやってくるたね丸の誕生日を楽しく盛り上げるために、
秘密の練習中。

IMG_2229.JPG

いきなり近づけたらびっくりするので、
まずは、私が目の前で楽しそうにポコポコ叩いて、
たね丸に見せびらかしながらデモンストレーション。

新しいもの好き、
叩くもの大好きなたね丸、
近づきたくてウズウズしてますよ。

IMG_2230.JPG

いよいよ明日、たね丸に触らせてみたいと思います。

この太鼓。
ポコポコ音が出て、以前の福ちゃんだったら恐怖の対象だったと思います。
今はどうやら音が聞こえないようで、怖がりません。
お耳が遠くなった事で良いこともありますね。

IMG_2232.JPG

見つめる瞳 [ブックレビュー]

いつも、いっつも

福ちゃんと過ごす時間は、
いつでもどこでも私のことを見ています。

決して近づいて甘えてくるわけではないけれど、
とにかくいつも見つめています。

その視線は切なくなるくらい。

最近、お耳がほとんど聞こえないようで、
眠っていることが増えましたが、
空気の流れや振動を敏感にキャッチ。
私が動けば、福ちゃんの視線も動きます。
私が落ち着いて椅子に座って何かをしているのを確認すると、
安心してまどろんでいます。

     FullSizeRender.jpg

見つめてくるこの瞳が私の視界から消えてしまう日がきたら、
私、きっと福ちゃんロスになってしまいそう。

そんな私に、今共に過ごすことを一生懸命楽しまなくちゃと思わせてくれる、
そんな1冊の本。

     IMG_8898.JPG

飼い主さんとワンコの愛情いっぱいのやり取りはとても微笑ましいです。
それでも、神奈川県動物保護センターのくだりは、
涙なしでは読めませんでした。

今の私の心に響く本です。

奇跡のような出会いの福ちゃんと過ごす時間はきらきらで幸せ。
今日も福ちゃんの熱い視線を受け止めて、今を笑顔で大切にしないとね!


うっかり! [ワンコ]

シニアワンコ あるある

こんにちは、福です。

今朝、ベッドから起き上がろうとして、
よっこらしょっと力を入れたら、
プリってお尻から、ママの親指位の大きさのウンチが出ちゃった。

わざとじゃないよ。
ついうっかりってやつ。
びっくりしたー。

IMG_2202.JPG

愛犬の柴わんこを昨年7月に17歳で見送った友人に話したところ、
こういった事って、シニアワンコあるあるなんですって。
こんな事もあんな事も全部いい思い出になるわよーって。

爺ちゃんワンコは本当に可愛いです。
最近、福ちゃんのおでこを私のおでこでなでなでできるようになりました。
我が家に来た頃だったら噛み付かれていたでしょう。
慣れて来てからも、顔が近づくのは嫌がってました。
なので、とってもハッピーな私です。