So-net無料ブログ作成
ひとりごと ブログトップ

3.11 4年目 [ひとりごと]

命は尊いもの

2011年3月11日、あの大地震、そして次々起こる余震、福島第一原発の事故が発生。
福は元の飼い主さんと離れ離れになりました。

すぐに迎えに来てくれる、そのことを信じて待った日々。
飼い犬たちにとって、飼い主が家に戻って来ないなんて考えられないことだったと思います。

来る日も来る日もお腹を空かせて待ち続けた時間。

福は9月15日に保護団体の方に保護されるまでの半年間、寂しさや空腹と戦いながら、そして放射能をたくさん浴びながら待ち続けていたことでしょう。

福が保護された場所は、福島第一原発のある双葉町JAそばの民家。

ニュースに福島第一原発の風景が映し出される度に、福が生まれ育った故郷を思わずにはいられません。

我が家にとって子供同然の福の故郷は、私にとっても大事な場所。
いつか原発の事故処理が終わり、安心して住むことができる美しい場所に戻ることを心から祈るばかりです。

私は勤め先で、オフィスメイトと2人で大地震にあいました。
ともに恐怖を体験したオフィスメイトは、その翌年の10月に病気で亡くなりました。

大地震が発生し、職場で帰宅するように促され、16時過ぎに自家用車で自宅に向かって出発したものの、大規模な停電が発生し、信号機も作動せず、国道は大混乱。
3時間経っても500mも先に進まない状況。
横須賀から横浜の自宅に向かうことをあきらめ、妹の嫁ぎ先を頼ってUターン。

妹の嫁ぎ先のお母さんが作ってくれた塩にぎりの美味しかったこと。
足の悪いお母さん、余震が続く中、一人では避難も困難だったと思います。
固定電話は不通状態で、お隣さんに助けを求めることもできなかったでしょう。
幸い停電はしていなかったので、TVで刻々と変わる被害状況をただ二人で見ているだけの時間でした。
そのお母さんは、昨年末、亡くなりました。

一昨年父を、昨年義母、そして叔母を見送りました。

大地震の後、身の回りの大切な人をたくさん亡くしました。

日々の生活に追われていると、今生きていることがどんなに素晴らしいことかを忘れてしまいます。
生きて新しい時間を刻み、新しいことを経験することはなんて素敵なことでしょう。

最近、福に表情が生まれ、喜びや嬉しさ、楽しさなどの感情表現ができるようになりました。相変わらずビビリですが、夫や私に歯を立てることはなくなりました。
私たちを飼い主と認め、「好き」と思ってくれるようになったような気がします。

これからも一緒に仲良く過ごしていきたいと思います。

     2015年3月11日 いつもの植物園で。
     福と菜の花.jpg

     2015年3月11日 鎌倉小町通り初体験。御成町のスターバックスにて。
     福 スターバックス.jpg

     
穏やかな日々がずっと続きますように。


ひとりごと ブログトップ